嫌い!こんな日常で・・・我慢はできる?

いつも綺麗でいたい!口コミで評判のトレンドアイテム情報についてのご案内。 何事も、一年間とりあへず我慢!半年間はお話主体!コンテンツが「財産」!「好きな事」だけをとことん続けてます!

何事も、一年間とりあへず我慢!半年間はお話主体!コンテンツが「財産」!「好きな事」だけをとことん続けてます!

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

今年は、戦後70年。
56年の東宝映画『連合艦隊』⇒『群青』が沁みます!


谷村新司が歌う エンディングテーマ『群青』を聞いたとき、
涙が流れます・・・。


▼谷村新司『群青』


当時、
この映画が
上映されたとき、
終了時にも
席を立つ人がほとんどなく、
みなさん(老若男女)の
すすり泣く声だけが
響いていました。


56年『連合艦隊』▼▼▼




泣かずに見ようと思っても
最後の「群青」がかかると どうしても泣いてしまいます。

空母瑞鶴の奮戦が かなりの時間を割いて描かれています。
瑞鶴での若い飛行士(一部実在した方々がモデル)と
整備士達との会話だけでも泣けます。
少年兵が整備曹(長門裕之)に死に逝く者として
挨拶に来るシーンは当時を物語り切ないです。


56年『連合艦隊』▼▼▼


戦争の光りと影、
少しづつ敗戦へと向かう日本、
戦艦大和の最後、
死に行く者と残る者、
是非見てない人にも見てもらいたい作品です。

大和の特攻は何の為だったのか、
何故大和でなければならなかったのか、




当時、
胸を打たれたラストシーン。
父親の死を見届け、
自らも特攻隊員として死地へ向かう息子。
「ほんの少しだけ長生きできたのがせめてもの親孝行です」
彼が乗った戦闘機が、
静かに雲に消えて行く場面は、
思わず
行くな!戻って来い!
と叫んでしまいそうな程、
切ない気持ちになります。

ただ純粋に、
愛する国や家族を思って
戦った人達の気持ちを思うと
涙なしには見ることができません。

そして谷村新司が歌う
エンディングテーマ『群青』を聞いたとき、
涙が流れます・・・。


56年『連合艦隊』 ▼▼▼
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

このページのトップヘ