嫌い!こんな日常で・・・我慢はできる?

いつも綺麗でいたい!口コミで評判のトレンドアイテム情報についてのご案内。 何事も、一年間とりあへず我慢!半年間はお話主体!コンテンツが「財産」!「好きな事」だけをとことん続けてます!

何事も、一年間とりあへず我慢!半年間はお話主体!コンテンツが「財産」!「好きな事」だけをとことん続けてます!

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

ダイエットにも人気の
カロリーゼロの寒天は、
血糖値の上昇やコレステロールの吸収を
穏やかにするためオススメです。




おなかがすいたけど、ごはんにはまだ早い・・・
そんな時にところ天

ところ天は
カロリーがほぼゼロなので、
ダイエット中の方に
オススメです。


いつでもところてんが食べられるように
常備をオススメしますが、
出来あいのところ天は
みるみる味が落ちていく事はご存知ですか?
出来たてのところ天は
喉越しや味わいが全然違います。


ところてん

よく、
「ところてんをダイエットに活用したいけど、
毎日食べるのは…」 というお話を聞きますが、
美味しいところ天なら毎日食べても飽きません。

一般的なネットで販売されている
寒天と比べて凝固力が高いのは、
厳選された自然の海藻100%だからです。

ダイエットにも人気のカロリーゼロの寒天です。




ところてんで寒天ダイエット。

食物繊維たっぷりでお通じの改善にも。

血糖値の上昇やコレステロールの吸収を
穏やかにすると言われています。

ところてんの主成分である、
寒天にはほとんどカロリーがなく、
食物繊維がたっぷりなため、
ダイエット食として人気があります。




食前に食べることにより、
効果が増しますので、
夕食前に食べることを
お勧めします。


ダイエットには満腹感が大事。
ところてんは、成分のほとんどが食物繊維なので、
お通じの改善にはとってもおすすめ。

コレステロール及び血糖値の上昇を
ゆるやかにする効果があります。

満腹感が得られますので、
ついつい食べ過ぎてしまう方には、

おすすめのダイエット法です。




カロリーが多くなりがちな、
夕食前を特にお勧めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

この映画は
公開当時、
エンドマークが
表示された瞬間、
劇場は満場の拍手に
包まれました。


今年は戦後70年。
映画『太平洋奇跡の作戦 キスカ』を
知ってますか!
ご存じでしたか。


何故
昨今この作品を
テレビ放映しないのか
疑問を感じます。




『太平洋奇跡の作戦 キスカ』は
敗戦国である日本が
唯一胸を張って誇れる軍事戦果です。


作戦準備に始まって出撃、
そして反転、
帰投、
再出撃、
そして霧だけをを味方にして、
奇跡の作戦が遂行されるのです。


北部太平洋アリューシャン列島にあるキスカ島を
包囲していた連合軍に全く気づかれずに
日本軍が無傷で守備隊全員の
撤収に成功したことから

「奇跡の作戦」
と呼ばれています。


太平洋戦争では、
南方の悲惨な出来事が伝えられてるのですが、
こんな作戦が行われ、
多くの兵士が助けられていたんですね。


『太平洋奇跡の作戦 キスカ』 として
三船敏郎主演で1965年公開の東宝映画でした。

事実に基づく物語を、
見事に映像作品化してます。


そして、
ラストシーンのキスカマーチがほんとにかっこいいです!




この映画の公開当時、
エンドマークが
表示された瞬間、
劇場は満場の拍手に
包まれたとか。


気持ちの明るくなる見て嬉しい映画なのです。

何度見ても感動しますね。

戦闘しない戦争映画は
これくらいしかないんじゃないでしょうか?

日本軍が誰も殺さず、
何も破壊せず、
なおかつ爽快なハッピーエンドを迎えるという、
戦争邦画史上稀に見る傑作と言えましょう。

派手な戦闘シーンも無く、
日本の戦争映画にしては
最後に救われた気分になる不思議な作品です。


霧が晴れたため作戦遂行が困難となったとき、
帰れば大本営や周囲から
非難されることを心配した部下が
「いいんですか」と問うたとき、
三船敏郎演じる映画上の大村長官の
「帰ろう。帰れば、また来ることができるからな」
との言葉に、
撤退を決定するリーダーの決断力と、
必ず目的を達成するための決断、

という点が伝わってきます。

劇中、
阿武隈に三船敏郎が赴任した時、
髭の水兵が迎える場面で、
その水兵が木村昌福に酷似しており、
三船大村少将に「仇名は?」と聞かれ
「司令官であります」と答えるシーンが存在する。
この場面で、
キスカ島生存者を招いた試写会で
喝采が起きたとのことです。


「そうか、怒ったか」
「顔を真っ赤にして怒鳴られました」
「人間たまには怒ったほうがいい、
戦争をしとるんだからな、戦争を」

三船大村少将が作戦中で
批判の矢面に立たされているのに、
この余裕
名男優たちのすばらしい映画でした。


藤田進さん演じるキスカ島守備隊峯木少将が、
艦隊が引き返してしまい、
将兵が意気消沈している折
「(引き返したとは言え)戦時繁多の折、
我々守備隊のためにこのような艦隊を
仕立ててくれたことに対する
感謝の念を忘れてはならない」

と訓示するシーンも忘れられません。


これこそ
日本人の心だと思います。


濃霧の中をキスカ島を周回して艦隊が進むシーンは、
白黒の画面もあって非常にリアルです。




太平洋戦史に残る日本の完全試合。

犬三匹のみをのこして、
キスカ島守備隊5000余名を
一兵残らず完全撤収。

撤退を決定するリーダーの決断力と、
必ず目的を達成するための決断、
という点が伝わってくる映画です。


リーダー論、
組織論も教えてくれる、
正に
日本映画の逸品です。


胸のすく良い作品です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

このページのトップヘ