動画であっさり見つけた.com

今話題になっている「面白い」「笑える」「感動する」「泣ける」ようなシェアしたくなるYouTubeなどの動画を紹介。暇つぶしに最適!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr


1971年竹脇無我主演の清水次郎長オープニング
清水次郎長(竹脇無我)
お蝶(梓英子)
大政(大木実)
小政(松山省二)
森の石松(あおい輝彦)
桶屋の鬼吉(田辺靖雄)
大瀬の半五郎(里見浩太朗)
追分の三五郎(近藤正臣)
増川の仙右衛門(太田博之)
小松村の七五郎(品川隆二)
相撲常(舟橋元)
法印大五郎(南利明)
伊達の五郎(渡辺篤史)
大野鶴吉(香山武彦)
灰神楽三太郎(高橋元太郎)
由比の松五郎(長沢純)
興津清之介(島田景二郎)
お竜(范文雀)
ども安(高品格)
黒駒勝蔵(露口茂)
吉良の仁吉(杉良太郎)
大前田英五郎(天知茂)
山岡鉄舟・鉄太郎(加藤剛)



この作品には向田邦子が多くの脚本に携わっていて、
今までのヤクザ調にはない人間と人間の熱い心の触れ合いが描かれてます。

米屋の長五郎が
東海一の次郎長親分に上るまでを、
明るくユーモラスな男たちのマンモス・ホームドラマとして捉えた作品でした。

次郎長を竹脇無我が演じるほか、
大政に大木実、森の石松にあおい輝彦と実力派キャストが勢揃いでした。

正に
昭和時代の
大俳優陣の世界です。

食品&飲料服&ファッション小物時計家電大型家電ミュージックホーム&キッチン
ホビーベビー&マタニティパソコン・周辺機器ドラッグストア・ビューティーデジタルミュージック
スポーツジュエリーシューズ&バッグコスメクラシックミュージックカー&バイク用品カメラ
お酒おもちゃTVゲームPCソフトKindle ストアDVDAndroidアプリAmazonビデオ
文房具・オフィス用品DIY・工具 産業・研究開発用品洋書楽器

TVの時代劇は
この頃が最盛期でしたね!
俳優が豪華でしたね!

竹脇無我さんは現代劇でも時代劇でも、
本当に格好良くて美しくて超ハンサムで、
絵に描いたような美男子でした。

范文雀さんもチャーミング
演技も上手く可愛かった。
サインはVのラストシーンは忘れられません...

天知茂さんの昭和ブルースも良い曲でした...

竹脇無我さん、天知茂さん、范文雀さん…
本当に素晴らしい俳優さん方でした。

CSで放送してますね。

ほんとにこの頃の時代劇は
素晴らしい俳優さんたちのケンカ立ち回り
また女優さんの色っぽい演技
やっぱり最高なんですよね!!

昭和の日の演技、
素晴らしい女優さん俳優さんや
素晴らしい日本国の風物詩、
技術力に、
おみそれいたしやした

もう、二度と見れない時代劇の一つでしょうね。
もう、大方の俳優が亡くなり、
本当につまらない時代になってしまいました。

こちらで見てみる

開催中!10時から24時間限定でタイムセール 商品は毎日10時に更新!

■自分にぴったりのコーデ
腕時計ブランド一覧 / ハワイアンジュエリー / 人気のコーチ財布など / 
スポーツを快適に! / お子さんへのギフト選びに

■絶品グルメやスイーツ!
一流パティシエお墨付き / スイーツギフト / 用途で選ぶ水カタログ / 
絶品お肉 / レビュー高評価グルメ / 訳ありだけどお得! / 
ワインセット / 種類豊富なビール / お酒セット

■おすすめ
ブランド公式コスメ / お買いものパンダオフィシャルサイト / 
iPhoneケース・アクセサリ特集 / アウトドア用品が満載 / 
インテリアトレンド / 得トクセールで日用品買い / オシャレにエコライフ

■楽天市場
楽天トップへ /


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ